住宅ローンの金利、今は本当に底なのか?

(写真=travellight/Shutterstock.com)

経済ニュースなどで「低金利が続いている」と言われている住宅ローンの金利。
あまりに長く続いているため、「今の低金利が当たり前。まだ下がる」と思う人がいるかもしれません。
今後のことは誰にもわかりませんが、過去の金利から現在の水準を知ることも、今後の金利を見通す参考になります。

バブル期には最高8.5%だった変動金利型

まずは「変動金利」の金利の推移をみてみましょう。

「変動金利」の金利は日本の政策金利に連動しています。つまり、金利の上昇下降は日本の景気を現しているとも言えます。
そこで、過去の金利の動き、どんな出来事があったのか金融政策から振り返ってみます。
変動金利の金利が最高額になったのは、1990年10月から1991年2月の8.5%です。
この頃の日本の政策金利であった公定歩合は最高6%にまで引き上げられていました。
その後、バブルは崩壊し、景気は急速に後退。1995年9月の公定歩合は史上最低の0.5%にまで下げられました。この時点での変動金利型の金利は2.625%です。

<変動金利型の金利の推移>

※日本銀行短期プライムレートの最頻値より編集部作成

利上げされるものの、結果的には長引く低金利時代

景気の低迷から、1999年にはとうとうゼロ金利政策が導入されます。
このころから公定歩合に代わって、「無担保コール翌日物」という金利が日本の政策金利の役割を果たすようになっていました。1999年の2月に無担保コール翌日物の金利は当時史上最低の0.15%となり、この時点での変動金利型の金利は2.375%でした。

2016年の年末の変動金利型の金利は2.475%ですから、ゼロ金利時とほぼ同じ水準です。
しかし、実はこの間には金利が上がりそうになったときがありました。
経済が正常化に向かったとして、2006年7月にゼロ金利は解除され0.25%の利上げ、翌2007年2月にも再度0.25%の利上げがありました。
これを受け、変動金利の金利も0.25%の引き上げが2回あり、1年で0.5%上昇したのです。「このペースで金利が上がるのかも」という予測から、住宅ローンの借り換えが進んだ時期でもあります。

ところが、2008年9月にリーマンショックが起こり、同年中に2回の政策金利の引き下げが行われました。それ以降、利上げが行われることなく2016年まで変動金利の金利は2.475%のまま、長らく低金利が続いています。

 

>>次ページ 長期固定金利はどのような動きをしてきたのか

こちらもチェック

2019年6月の住宅ローン金利分析 (2019/6/3)

2019年6月の住宅ローン金利 ...