2019年6月の住宅ローン金利分析 (2019/6/3)


2019年6月の住宅ローン金利は、長期金利の低下を受けてフラット35が0.02%低下した以外は、前月と変わらずとなりました。10年国債の利回りは依然マイナス金利を維持し、直近は-0.09%まで低下しています。米中貿易摩擦の激化が懸念されており、今後しばらくは変動金利及び固定金利共に低位安定した動きになりそうです。

こちらもチェック

2019年7月の住宅ローン金利分析 (2019/7/1)

2019年7月の住宅ローン金利 ...