2019年8月の住宅ローン金利分析 (2019/8/1)


2019年8月の住宅ローン金利は、変動から長期までほとんど変化なしとなりました。フラット35の金利は1.17%(団信込)で、わずか0.01%ですが、過去最低を更新しています。米国の中央銀行であるFRBが政策金利を0.25%引き下げたため、世界的に金利低下の傾向は長期化しそうです。今後しばらくは変動金利及び固定金利共に低位安定の動きが継続するでしょう。

こちらもチェック

2019年7月の住宅ローン金利分析 (2019/7/1)

2019年7月の住宅ローン金利 ...