フラット35の2020年10月金利予想

2020年9月16日、住宅金融支援機構は、第161回貸付債権担保住宅金融支援機構債券(以下、機構MBS)の発行条件を発表しました。機構MBSの利率は前月より0.02%低下しました。この結果、来月のフラット35の金利は1.30%、フラット20の金利は1.23%と、今月より0.02%低下すると予想します。コロナ禍の影響で10年国債の利回りが低下しており、10年国債利回りと相関が高いフラット35の金利は今後も低位安定で推移しそうです。

金利推移及び予想

金利条件

2020年9月 2020年10月
機構MBS利率 0.37% 0.35% -0.02%
対国債スプレッド 0.34% 0.33% -0.01%
フラット35金利(予想) 1.32% 1.30% -0.02%
フラット20金利(予想) 1.25% 1.23% -0.02%

こちらもチェック

フラット35の2020年6月金利予想 (2020/5/21)

2020年5月21日、住宅金融 ...