知っておきたい!転職後の住宅ローンの借り入れ・借り換えの審査は大丈夫?

青いテーブルの上に置かれた履歴書とまるばつクイズ(写真=PIXTA)

今までは1つの会社で定年まで働き続ける人が多かったですが、日本人の働き方も徐々に変わりつつあります。

キャリアアップや夢を求めて転職する人も多くなっています。

転職された人、転職を検討されている人の中には、転職後でも住宅ローンの借り入れ・借り換えの審査が通るか心配する方も多いことでしょう。

今回は知っておきたい!転職後の住宅ローンの借り入れ・借り換えの審査は大丈夫?、という記事をお届けします。

転職して住宅ローンを借り換えしたい人もご自身で借り換え先の銀行を探すことやどこか良い金利かを探すことは難しいかもしれません。

その場合には住宅ローンの専門家集団のモゲチェックの無料Web診断をご利用になってみてください。

>> 住宅ローンの専門集団モゲチェックがアナタの住宅ローンを無料Web診断!

転職は住宅ローンの借り入れ・借り換えの審査にどのような影響を及ぼす?

仕事をしている中で、転職をしたことに対する銀行の住宅ローンの借り入れ、借り換えの審査への影響は基本的にはネガティブになります。

住宅ローンの審査の特性上、物件の評価もさることながら、借り手がどのような会社で働くとともに、何年その会社で勤めているかも重要な指標になるからです。

 金融機関の住宅ローン審査の仕組み

一般的に銀行の住宅ローン審査では、下記2点を審査します。

  • 申込人の個人情報(属性情報)
  • 物件情報

「個人情報(属性情報)」とは、申込人の年齢・年収・勤務先情報等です。

簡単にいうと「この人はローンをきちんと返せるのか?」を審査します。

住宅ローンの審査で見られる個人情報(属性情報)

住宅ローンの審査では個人情報(属性情報)を見られることになります。

主に審査で見られるところはこちらです。

  • 年収倍率(借入額が年収の何倍か)
  • 返済比率(年収における住宅ローンやその他借入の年間返済額の割合)

銀行によっては世帯人数により生活費等を算出して審査の判断基準としたり、独身者だと審査上マイナスになる銀行もあるなど、銀行により審査基準はさまざまです。

年収倍率の目安は、一般的には7倍以内程度が上限と言われており、返済比率は35%以内にあることが望ましいと言われています。

転職によって影響を受ける勤務先情報には会社規模や勤続年数が含まれ、上場会社従業員や勤続年数の長い人ほど有利な仕組みになっています。

住宅ローンの審査で物件情報

物件情報は住宅ローンの対象物件(自宅)を、銀行または保証会社なりに評価したものです。

簡単にいうと「借りている人が返せなくなってしまった場合に売却をして残債を回収できるのか?」を審査します。

担保評価額といわれ、一般的にはこの金額内か担保評価額プラスいくらまでなら借しますよと各銀行が独自に定めています。

転職すると住宅ローンの借り入れ・借り換え審査はどうなる?

転職をすると勤続年数がリセットされるため、一般的に考えると審査上は不利となってしまいます。

とは言え、昨今転職をする人が多くなる住宅ローン審査の仕方にも少しずつ変化が起こっています。

具体的には、転職することによって年収が上がったりするキャリアアップの転職であればプラスに働くこともあります。

転職者の住宅ローン審査で重視されること

転職経験者の審査において銀行が重要視するのが、今までの経験・スキルを活かすことができる転職かどうかということです。

「キャリアアップのための転職か?」と「転職先の会社が今まで働いてきた業界と同業種か?」を重要視します。

例えば、金融業界で働いてきた人が同じ金融業界に転職する場合は今までのスキルが活かせる「キャリアアップ」の転職と見なされます。

一方で極端な例ですが、金融業界で働いていた人がトラックのドライバーになる場合などは、職種の繋がりがないためもし収入がアップしても審査では不利となることが多いようです。

また、転職先企業の規模・財務状況等も審査に影響を与えます。

上場企業からキャリアアップで会社規模の小さい企業に転職するケースでは、場合によっては審査上マイナスとなるかもしれません。

 

>>次ページ 転職後の銀行の住宅ローンの審査対応は様々

こちらもチェック

loan

すぐわかる住宅ローン控除のしくみ

住宅ローンを借り入れすると納め ...