【2020年4月最新】最強のフラット35!住信SBIネット銀行が提供するフラット35の商品性

SBI

長期金利が大きく低下し、長期固定金利型の住宅ローンの人気が再燃しています。

今回は、一般的な変動金利型住宅ローンと変わらないレベルまで金利水準が下った住信SBIネット銀行のフラット35について解説します。

フラット35は住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供される長期固定金利型住宅ローンの代表格です。民間金融機関がローンの事前審査及び貸付業務を行い、ローンは貸し出しと同時に住宅金融支援機構に売却されます。長期固定金利の住宅ローンの貸し出しには大きな金利リスクが伴いますが、住宅金融支援機構へ譲渡することで、民間金融機関は過大なリスクを取らずに、貸し出しができます。

フラット35には、上記の通り住宅金融支援機構がローンを買い取る買取型と、住宅金融支援機構が貸し倒れリスクを保証する保証型とがあります。保証型の場合、住宅金融支援機構が保証を提供するだけなので、ローン商品自体は民間金融機関側でより自由に設計できます。

本記事では、住信SBIネット銀行が提供するフラット35の買取型及び保証型について、①低い金利水準、②全疾病保障、③パッケージローンの3点を中心に解説します。

3月31日までのフラット35の新規お借入の方に、もれなくキャッシュバック5万円のキャンペーン実施中です!

 

住信SBIネット銀行は変動金利も魅力的です。

住信SBIネット銀行の変動金利に関する解説記事は下記にまとめています。

参考>>【2020年3月最新】人気上位!住信SBIネット銀行の住宅ローンの商品力

詳しくは、本ページ下に記載しております。

>>住信SBIフラット35のお申込みはこちら

①低いフラット35の金利水準

住信SBIネット銀行のフラット35の金利水準は下記の通りです。

保証型の新規借り入れで省エネ性など一定の基準を満たすと利用できるフラット35Sを使った場合、金利引下期間の金利水準は何と1.05%(2020年4月時点)となっています。

長期固定金利であるにもかかわらず、一部店舗型の銀行が提供する一般的な変動金利の水準0.625%とほぼ変わらない金利水準になります。

フラット35の中では、買取型及び保証型含めて、最安金利(当社調べ)と言えるでしょう。

表 住信SBIネット銀行のフラット35の金利水準(2020年4月時点)

目的 金利引下期間 金利引上期間
買取型 新規借り入れ 1.05% 1.30%
借り換え 1.30%
保証型 新規借り入れ 0.97% 1.22%
借り換え 1.22%

※上記金利の前提条件は下記の通りです。
1. 新規借り入れについては、フラット35Sを利用
2. 借入期間は35年
3. 買取型は借り入れ割合が9割以下
4.保証型は借り入れ割合が90%以内

②団体信用生命保険には全疾病保障が付いている

住信SBIネット銀行のフラット35は、買取型・保証型を問わず、SBI生命保険株式会社が提供するすべての病気、けがをカバーする全疾病保障に加入することができます。買取型の場合は、保険料として借り入れ金額の0.55%(税込)に相当する金額が必要ですが、保証型の場合は無料で加入できます。

保障の内容は、八大疾病とそれ以外の全ての病気や怪我を原因として一定期間働けなくなった場合に月々の返済額の保障とローン残高に対する保障です。

まず、ローン借り入れ後3ヶ月以上経過して、就業不能状態となった場合(八大疾病以外の病気や怪我の場合は、3ヶ月の免責期間があります。)、月々のローン返済額が保険金により免除されます。

また、就業不能状態が12ヶ月続いた場合には、その時点のローン残高相当額が保険金により免除されます(八大疾病以外の病気や怪我の場合は、就業不能状態が12ヶ月続くと見舞金30万円が支給され、さらに就業不能状態が12ヶ月継続した場合にその時点のローン残高相当額が保険金により免除されます)。

③パッケージローン

フラット35買取型は、保証型に比べて金利は高く設定される一方で、事務手数料が低く、初期費用を抑えて借入れたい利用者に適した住宅ローンです。フラット35買取型の場合、住宅購入代金の1割を自己資金で賄えるかどうかで適用金利が異なってきます。

住信SBIネット銀行は、この自己資金部分に対する「ミスターパッケージローン」という商品を用意しています。

こちらも変動金利で1.60%(2020年3月時点)とフラット35と組み合わせて使うローンとしては最安金利(当社調べ)で提供されています。

フラット35買取型の利用者は、自己資金がなくても「ミスターパッケージローン」を使うことで、自己資金を1割以上拠出した場合の適用金利で借り入れすることが可能です。

まとめ

上記解説の通り、住信SBIネット銀行のフラット35は、①低い金利水準、②全疾病保障、③パッケージローンと、非常に魅力的な商品となっています。

フラット35は多くの金融機関が取り扱っています。

総合的な商品性では、住信SBIネット銀行のフラット35、特にフラット35保証型は、群を抜いて優れた商品と言えるでしょう。

将来金利リスクを負いたくない長期固定金利志向の方はぜひ利用をお勧めします。

※掲載の金利は年率です。

>>住信SBIフラット35のお申込みはこちら

合わせて読みたい住宅ローンの商品記事

じぶん銀行>>【2020年3月】オンライン型住宅ローンの最強商品!auじぶん銀行の住宅ローン

ジャパンネット銀行>>【2020年3月最新】変動金利0.399%!ジャパンネット銀行の住宅ローンの特徴を解説

こちらもチェック

ご存知ですかリバースモーゲージpart 2!!

今回は、以前特集させて頂いた『 ...