【2020年9月最新】隠れたNo.1金利!住信SBIネット銀行のミスター住宅ローンREALの実力

SBI
(写真=PIXTA)

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資して設立されたインターネット専業銀行です。

利便性の高い様々な金融商品をオンラインで提供しており、住宅ローンについても全疾病保障付きで金利の低い「ネット専用住宅ローン」を販売しています。

一方、SBIグループがリアル店舗展開するSBIマネープラザやローンプラザで対面でしか申し込めない「ミスター住宅ローンREAL」という商品があります。

実は「ミスター住宅ローンREAL」は、金利及び団体信用生命保険(以下、団信)の内容で「ネット専用住宅ローン」を上回る商品性となっています。

本記事では、「ミスター住宅ローンREAL」の特徴を、
①金利水準
②全疾病保障&団体総合生活補償
③対面相談
の3点にまとめて解説します。

①変動金利が業界最低水準

「ミスター住宅ローンREAL」の変動金利型の金利水準は0.410%(2020年9月時点)とネット系銀行の中でも最低水準です。
同じ住信SBIネット銀行が提供する「ネット専用ローン」と同じ金利となっています。
(下記表を参照下さい)
単純な金利比較だとジャパンネット銀行が一番低くなりますが、「ミスター住宅ローンREAL」には②で説明する全疾病保障や団体総合生活補償保険が無料で付帯しており、それを加味した実質的な金利水準としては業界最低水準と言えるでしょう。

【各金融機関の変動金利の水準(2020年9月現在)】

住信SBIネット銀行
ミスター住宅ローンREAL
住信SBIネット銀行
ネット専用ローン
ジャパンネット
銀行
auじぶん
銀行
イオン
銀行
楽天
銀行
新規借り入れ 0.410% 0.410% 0.38% 0.380% 0.520% 0.527%
借り換え 0.410% 0.398% 0.38% 0.380% 0.470% 0.527%

※上記金利は各金融機関指定の条件を満たした最大金利引下げ幅適用時の金利です。
 なお、auじぶん銀行は変動金利(全期間引下げプラン)の金利であり、金利引下げの適用には「じぶんでんき」の契約が必要となります。

②全疾病保障や団体総合生活補償保険が無料付帯

住宅ローンには団体信用生命保険(以下、団信)への加入が義務付けられています。

通常の団信は、死亡又は高度障害時に保険金が支給され残りのローンの返済が免除されるというものですが、最近は様々な疾病保障が付いた団信(以下、特殊団信)が出ており、住宅ローン利用者の選択肢が広がっています。

特殊団信には、がん団信、三大疾病保障、八大疾病保障などがあり、それぞれ名前の通り、がん団信はがんに罹患した場合、三大疾病保障は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中に罹患して一定の事由が発生した場合、八大疾病保障は、三大疾病に加え、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎に罹患して一定の事由が発生した場合に、保険金が支給され残りのローンが免除されます。これらの特殊団信は、通常ローン金利に0.1%〜0.4%程度金利上乗せすることで付帯することができます。

まず、住信SBIネット銀行の「ミスター住宅ローンREAL」は、全ての病気や怪我をカバーする全疾病保障が無料で付帯されています。

内容は、八大疾病とそれ以外の全ての病気や怪我を原因として一定期間働けなくなった場合の月々の返済額の保障とローン残高に対する保障です。

就業不能状態が一定期間継続した場合(八大疾病以外の病気や怪我の場合は入院により就業不能になった場合のみ)、月々のローン返済額が保険金により免除されます。

また、就業不能状態が12ヶ月続いた場合(八大疾病以外の病気や怪我の場合は入院により就業不能になった場合のみ)には、その時点のローン残高相当額が保険金により免除されます。

さらに、女性に限り、通常の全疾病保障に加え、がんに罹患した場合に30万円を給付金として受け取ることもでき、こちらも無料で提供されています。

「ミスター住宅ローンREAL」には、全疾病保障に加えて団体総合生活補償保険が無料で付帯しています。

団体総合生活補償保険の内容は、交通事故傷害補償と日常生活賠償補償です。

交通事故傷害補償では、住宅ローン返済中の交通事故によるケガで入院や手術をした場合に保険金が支払われます。

日常生活賠償補償では、日常生活に起因する偶然な事故で、他人の生命または身体を害したり、他人の物を壊したりして、法律上の損害賠償責任を負われた場合、または日本国内で誤って線路に立入り、被保険者が軌道上を走行する陸上の乗用具の運行不能について法律上の損害賠償責任を負われた場合に上限1億円として保険金が支払われます。

全疾病補償と合わせてば、相当広い範囲のリスクがカバーされており、低金利と保障の充実を両立させたのが「ミスター住宅ローンREAL」の特徴と言えるでしょう。

③対面相談

「ミスター住宅ローンREAL」は、SBIグループが展開するSBIマネープラザ又は住信SBIネット銀行のローンプラザでのみ申し込みが可能です。

オンライン申し込みの手軽さはありませんが、住宅ローンに詳しいコンサルタントと対面で相談ができます。

住宅ローンは人生最大の借り入れであり、金利タイプや団信などについて納得できるまで相談できるのは大きなメリットです。
また、審査に必要な提出書類についてもアドバイスを受けられるため、オンライン申し込みより融資承認確率も高いようです。

まとめ

上記解説の通り、住信SBIネット銀行が提供する「ミスター住宅ローンREAL」は、
①変動金利が業界最低水準
②全疾病保障及び団体総合生活補償保険が無料
③対面相談
と3拍子揃っており、非常に魅力的な商品となっています。
住宅ローン利用者にとって、最も優れたローン商品の一つと言えるでしょう。

こちらもチェック

持病があっても入れる!ワイド団信

団体信用生命保険(以下、団信) ...